女性は感覚の生き物だなんていわれるけれど、カーテン選びでそれを実感するとは思わなかった。

 

私がカーテン選びで大事にしたのは、最初は色だけだった。面積の広いカーテンひとつで、部屋のイメージが決まる。

 

何部屋もあるような広い物件じゃないからこそ、窓際へのこだわりも強くなったように思えます。
私のイメージの中では、明るいさわやかな淡いクリームイエローのカーテンと、白いレースが風に揺れているところ。
部屋の中からはとっても明るいのに、外から見ると中は見えなければ安心だ。ということで、機能面ではミラーカーテンは譲れなくなりました。
いざお店へ行ってみると、遮熱や遮光の機能も気になった。最近のカーテンはすごいなぁ、ただの布じゃない。

 

なんて我ながら妙な関心をした覚えがある。

 

実物をみてみて、安っぽいカーテンじゃ嫌だなぁと思い、素材に対するこだわりも出てきた。
しかし、当然ながら、多機能で上質なカーテンは高い。

 

いいなと思うと高い。手が出せない。何せ引越し貧乏真っ只中なのだ。安いのはピンと来ない。
スペックや金額で合理的に妥協点を見つけるという事が出来ません。

 

この顔にピンと来たらじゃないけれど、ピンときたカーテンしか部屋に入れたくもないし・・・。

 

こんなことを繰り返しながら、何店舗も周り、すでにクタクタになっていました。

 

感覚がなかなかOKを出してくれない。
そして、最終的に最初に立ち寄ったお店に来ていたのです。

 

さっきは通り過ぎたセールワゴンに行ってみた。
そしたらあった!!!

 

これぞ運命の出会いと言わんばかりに、ピン!とくるものが。

 

お値段¥2000-。

 

レースカーテンをつけても、¥4000-以内だった。

 

安すぎる・・・。

 

色はクリームイエローで、レースの機能はミラーのみ。

 

何だったんだろう、私の一日は。お店もカーテンに求める条件も振り出しに戻って・・・と軽く落ち込みながら帰宅してカーテンを取り付けてみました。

 

外は真っ暗だったけれど、明るいカーテンをつけたら、何だか元気になったような気になる。

 

気に入るものが見つかってよかった。
まぁ、縦の長さが若干長かったけれど、アジャスターで調節して何とか使えそうです。

 

 

本当はネットでも気になったところはあります。

http://xn--lckucel0n5b3c.com

 

お店で見つけられなかったら、おそらくネットから買っていたと今でも思います。
もし、私が次にカーテンを探すときは、まずセールワゴンを見るだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です